コベストロ

日本での歩み

コベストロは、バイエルの素材科学事業が別会社として分離し、2015年9月1日から業務を開始しました。バイエルグループの化学・プラスチック関連事業の始まりは20世紀初めにさかのぼります。 コベスロトと日本の関わりはバイエルの染料が初めて日本に輸入された1886年から始まります。その後、1911年にドイツ・バイエル社100%出資の「フリードリヒ・バイエル合名会社」が神戸に設立されました。
現在
2015(平成27)9月1日
2014(平成26)

素材科学事業グループの関西の拠点を尼崎に集約
住化バイエルウレタン、本社を創業地である尼崎に移転

2011(平成23)

日本のバイエルが創立100周年を迎える

2009(平成21)
2008(平成20)
2007
2006(平成18)

住化バイエルウレタン株式会社の新居浜プラントが200万労働時間無事故の記録を達成

2004(平成16)

ドイツ・バイエル社の総合的な組織再編によりプラスチック部門は独立した事業グループ「バイエル マテリアルサイエンス」となる

2001(平成13)

住友バイエルウレタン株式会社が住化バイエルウレタン株式会社に社名変更

2000(平成12)

住友バイエルウレタン株式会社のバイエル出資率が50%から60%に

バイエル株式会社と大日本インキ化学工業株式会社の合弁会社ディーアイシー バイエル ポリマー株式会社を設立

1972(昭和47)

新居浜でMDI・TDI製造開始

1969(昭和44)

バイエル・ジャパン株式会社からポリウレタン部門を分離し、ドイツ・バイエル社と住友化学工業株式会社(現住友化学株式会社)の共同出資により住友バイエルウレタン株式会社を設立

1958(昭和33)

クレフェルド・ユルディンゲンプラントでポリカーボネート「マクロロン」の産業生産開始

1953(昭和28)
1937(昭和12)
1911(明治44)
1886(明治19)

バイエルが開発した赤色直接染料ベンゾパープリンと、アグファによって開発されたコンゴーレッドが初めて日本に輸入される