日本のバイエル マテリアルサイエンス

関西の拠点をイノベーション・センターに集約

日本のバイエル素材科学事業グループのバイエル マテリアルサイエンス株式会社と住化バイエルウレタン株式会社は、営業を含む関西の拠点を2014年5月を目途にイノベーション・センター(兵庫県尼崎市)に集約することを決定しました。住化バイエルウレタンの本社もイノベーション・センター内に移転します。

2009年のイノベーション・センターの拡張オープン以来、バイエル マテリアルサイエンス(BMS)はポリウレタン、ポリカーボネート、塗料・接着剤・スペシャリティーズの各事業部が持つ技術的資源を組み合わせ、明確なシナジー効果へとつなげて革新的なソリューションを提供してきました。今後のビジネスチャンスに対して、社内の緊密な連携によってより迅速な経営判断、お客様との関係強化を実現し、顧客志向で持続可能なイノベーションを提供できる体制を整えます。

兵庫県尼崎市のイノベーション・センターは、1971年から2009年までは住化バイエルウレタン株式会社の本社でもあった日本のBMSにとって原点となる場所です。また2009年に技術部門を集約し拡張オープンしてからは日本の技術開発の中枢としてアジア・パシフィック地域の各開発拠点と連携して活動を広げてきました。

今回の移転に伴い、イノベーション・センター内の各種設備を更新するために投資を行う予定です。新統合した施設は、日本のBMS事業に更なる成長性の基盤を提供します。移転を機に社業に一層尽力し、社員一丸となって新たなイノベーションの提供を目指してまいります。

イノベーション・センター
■ 住所            兵庫県尼崎市久々知3-13-26
■ 移転予定    2014年5月
■ 敷地面積    約7,500㎡

 

バイエル マテリアルサイエンス株式会社
住化バイエルウレタン株式会社
2013年12月27日、東京