大学と民間企業の連携により、“学生が考える、将来の家”を提案するコンテスト「エネマネハウス2015」

山口大学「やまぐちさんの風の家」が優秀賞と地方創生賞を受賞:コベストロは省エネ化の実現に協力

コベストロジャパン株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:米丸公康)が支援している国立大学法人 山口大学 感性デザイン工学科(山口県宇部市)のプロジェクトチーム(プロジェクトマネージャー:樋山恭助准教授)が提案した実験住宅「やまぐちさんの風の家」が、「エネマネハウス2015」で優秀賞と特別賞の地方創生賞を受賞しました。

 経済産業省の事業の一環である「エネマネハウス」とは、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する革新的なアイディアを生む産学官連携の場です。“学生が考える、将来の家”をテーマに、先進的な技術や新たな住まい方を提案するモデルハウスを実際に建築・展示して、実測調査を実施。省エネ達成度や実現性、将来性などを基準に評価されるコンテストです。「やまぐちさんの風の家」は居住者のライフスタイルに柔軟に対応できるというコンセプトが高く評価されたことに加えて、実測調査の結果も良好だったことから、優秀賞に選ばれました。さらに、地元の資源・産業を結集したことが評価され、地方創生賞も受賞しました。

 山口大学のグループが提案する「やまぐちさんの風の家」の設計コンセプトを実現するため、モデルハウスには様々な先進的建築アプリケーションが採用されました。真空断熱材と発泡ウレタンのハイブリッド材による屋根は、この一例です。これは、コベストロジャパンが推進している環境プログラム(エコ・コマーシャルビルプログラム)に協賛する多くの日本企業と山口県の地元企業との協業によって実現しました。コベストロジャパンは、今後もこのような環境に配慮した技術の開発、普及に関わる先進的な活動を積極的に支援していきます。