グローバルコンペティション受賞者の環境保全に関するアイデアを国連が表彰

「Young Champions of the Earth」賞の 初めての受賞者を祝福

コベストロ、革新的なプロジェクトを実行する優秀な人材を支援

ドイツ・レバクーゼン、2017年12月6日- 環境保全に関する優れたアイデアを表彰する国連環境計画「Young Champions of the Earth」賞が世界各国の6名の若者に贈られ、この新たなグローバルコンペティションの初めての受賞者となりました。同賞は持続可能な開発に貢献する素材メーカーであるコベストロが後援しています。6名の受賞者は、ケニア・ナイロビで開催された国連環境総会での祝賀会にて表彰されました。

今日差し迫っている環境問題に対する斬新なソリューションを示すアイデアを提案した各受賞者(下記参照)には、15,000米ドルのシード資金の他に、専門家によるメンタリング、ニーズに基づくトレーニング、そして強力なネットワークへのアクセス権が授与され、今後一年間のそれぞれの計画実行が支援されます。

授賞式では、受賞者から簡単なプレゼンテーションがあり、国連環境計画の事務局長であるエリック・ソルヘイム氏やシンガーソングライターのエリー・ゴールディング氏が挨拶をしました。ゴールディング氏は環境や社会正義に関する活動が認められ、今年、国連基金より国際親善大使に任命されました。

授賞式の司会は、モデル、俳優、そして映画プロデューサーであるディア・ミルザ氏が務めました。ミルザ氏は環境保全への貢献が認められ、インド国連環境親善大使に任命されています。

「第1回Young Champions of the Earthコンペティションが成功したことは、コベストロが今後も国連環境イニシアティブを支援し続けることを意味します」とコベストロのチーフ・サステナビリティ・オフィサーのリチャード・ノースコートは授賞式で述べました。

複雑なグローバル課題への取り組みをサポート

「持続可能な開発への貢献においてグローバルをリードする素材メーカーのコベストロは、国連環境計画とのパートナーシップを即座に決断しました。この活動では、国連の持続可能な開発目標の達成に貢献するため、世界中の若者の情熱や士気を高め、人々が直面している社会や環境に関する多くの複雑な問題への取り組みに協力を求めます」とノースコートは話しています。また、持続可能な開発目標の達成に貢献する方法のひとつとして、炭素の生産性向上に向けたコベストロの取り組みについても概要を説明しました。

「コベストロは、社会に貢献し、環境への影響を軽減する利益性の高い技術や製品を通して、この活動に貢献する方法を模索しています。私たち誰もが強い情熱を捧げる持続可能な開発に向けた目標のなかには、受賞者たちのアイデアが大きく貢献できるものがあると心から期待しています」とノースコートはさらに続けました。

事務局長のソルヘイム氏は「受賞者たちはまさに現代の環境や経済の危機に囲まれている世代です。そこには革新的なソリューションや斬新なアプローチを探し、インスピレーションを与えてリーダーシップを発揮する大きなチャンスがあります。このパートナーシップは、意気を奮い立たせて変化を起こそうとする人々を後押しするために創設された素晴らしい活動です」と述べ、聡明なアイデアを実現させ、才能ある若者を後押しする両パートナーの決意を表明しました。

2017年Young Champions of the Earth賞において、環境に良い影響を与える可能性のある素晴らしいアイデアとして下記が選出されました。

ヨーロッパ – Adam Dixon

Phytoponics社: 農業用グリーンハウスの水栽培システム

北米 – Kaya Dorey

循環型アパレル製造拠点

ラテンアメリカ・カリブ海諸国– Liliana Jaramillo Pazmiño

キトにおける屋上緑化用在来植物

西アジア – Omer Badokhon

バイオガスの多様な用途: 持続可能なエネルギーにより農村の暮らしを改善

アフリカ – Mariama Mamane

ウォーターヒヤシンスの革新的な環境マネジメント

アジア太平洋諸国 – Eritai Kateibwi

Te Maeuプロジェクト: 太平洋諸島の食物のモジュール式水栽培システム

上記の受賞アイディアについて、詳しくは国連環境計画ウェブサイトのYoung Championsセクション www.unep.org/youngchampionsをご覧ください。