ファストエントリールールにより、重要なドイツ株価指数に採用

コベストロ、DAX(ドイツ株価指数)の構成銘柄に採用

  • 2018年3月19日付け
  • 新規株式公開(IPO)以降、浮動株と時価総額が大幅に上昇

ドイツ・レバクーゼン、2018年3月6日-ドイツ証券取引所は、ファストエントリールールにより、代表的なドイツ株価指数であるDAXの構成銘柄に2018年3月19日からコベストロを新たに採用することを決定しました。2015年10月のIPO以降、コベストロの時価総額と浮動株は継続的に上昇してきました。コベストロは、既に2015年にはMDAX指数、さらに2016年春以降はSTOXX Europe 600の構成銘柄にもなっています。

 「DAXの構成銘柄に選出されたことを非常に喜ばしく思います。これは近年の当社の順調な成功と当社株の魅力を確証するものです。今後、コベストロは今まで以上に注目を集めることとなるでしょう。この素晴らしい成功に対し、全社員に感謝します」と、コベストロ社CEOのパトリック・トーマスは述べています。

 IPO以降、元親会社であるドイツ・バイエル社は、コベストロに対する出資比率を継続的に下げています。2018年3月5日現在、コベストロの浮動株は約86%であり、時価総額は合計約176億ユーロに達しています。

 コベストロは価値創出のため、引き続き長期的な成功戦略を推進します。また、持続可能で革新的な製品を基盤として、世界のメガトレンドから生じる優れた素材へのニーズに応え、世界を明るくより良い場所にするために日々努力を続けていきます。