日本のイノベーション・センターのラボをアップグレード

コベストロ、R&Dネットワークをグローバルで加速

・ 最新設備を導入し、日本の産業に貢献  
・ イノベーション・センターは自動車・建築分野に注力

コベストロジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:米丸公康)は、日本の研究開発拠点であるイノベーション・センター(所在地:兵庫県尼崎市 略称:ICJ)を初めて大幅にリニューアルし、特に自動車・建築分野に向けて今後さらに革新的なソリューションや製品開発を提供できる環境を整えました。この度のリニューアルによって、日本のお客様やビジネスパートナーとこれまで以上に連携を強化し、革新的なソリューションの提供を目指します。 

ICJラボは、2019年9月1日に創立50周年を迎えた住化コベストロウレタンの技術開発拠点としてスタートしました。ポリウレタン事業部(PUR)と塗料・接着剤・スペシャリティーズ事業部(CAS)は1971年から稼働し、2009年にはポリカーボネート事業部(PCS)の技術開発拠点もICJに移転しました。以来、ICJはコベストロのグローバルR&Dネットワークの重要な一角を担い、ドイツ、米国、中国の各R&D拠点と連携してきました。 

「イノベーション・センターのリニューアルによって、世界をリードする日本企業との連携をより強化することができます。ここで開発された新技術は、コベストロが主要産業において成功するための重要な鍵となるのです」とコベストロCEOのマーカス・スタイレマンは日本で行われた記念式典で述べました。この度のリニューアルでは、例えば、これまでより大型の断熱材用ポリウレタンパネルの成形ができるようになりました。さらに、パワーアシストを採用したことで効率性が向上し、お客様と共に試作を検証することができます。また、PCSではニ色成形の射出成形機とダイレクトコーティング・ダイレクトスキニング技術用設備が導入されました。これにより、CASと連携し日本のお客様やパートナーとさらにイノベーションを推進していく設備と技術が整いました。

ラボのリニューアルに伴い、新たにオープンした「カスタマー・エクスペリエンスセンター・ラウンジ」は高付加価値なイノベーションを創出するための交流の場です。コベストロのグローバル各国からの最新技術トレンドを紹介し、お客様のアイデアとの交差点としてコミュニケーションをより円滑にすることを目指しています。 

コベストロのイノベーション・センターはデジタルR&Dを推進

デジタル化はコベストロのイノベーション戦略の重要な基軸のひとつです。リニューアルしたラボでも、新規採用したデータサイエンティストを中心にデータ主導の開発に注力し、デジタル化を促進します。さらに、シミュレーション、ハードウェアのインストール、そしてラボの自動化もグローバルR&Dネットワークを活用し推進していきます。