トヨタ紡織との共同開発

コベストロの材料がコンセプトカー トヨタ「LQ」に採用

  • 軽量ケナフ繊維強化ポリウレタンコンポジットを新規開発
  • 従来の材料より30%の軽量化を実現

ドイツ素材メーカーのコベストロ(日本法人:コベストロジャパン株式会社、本社:東京都港区、代表取締役社長:米丸公康)とトヨタ紡織株式会社(本社:愛知県刈谷市、代表取締役社長:沼毅)が共同開発した新素材が、トヨタ自動車株式会社の電気自動車コンセプトカー「LQ」に採用されました。その新素材は、コベストロのAdvanced Baypreg® F NFの技術とトヨタ紡織のケナフ繊維の技術を日本で進化させ共同開発した軽量ケナフ繊維強化ポリウレタンコンポジットで、トヨタ「LQ」のドアトリムに採用されたことで、世界に初披露されました。

電気自動車の普及拡大が見込まれる未来のモビリティにおいて、軽量化素材が果たす役割はこれまで以上に重要になることが予想されています。コベストロは、世界の自動車産業に向けて長期にわたり革新的な素材を提供してきました。日本市場でも、日本の研究開発拠点であるイノベーション・センター(所在地:兵庫県尼崎市)で、自動車の軽量化に貢献する低密度ポリウレタンフォームなど、数多くのサステナブルなソリューションを開発しています。

今回の新素材に使用されているケナフは、アオイ科の植物で、東南アジア、バングラデシュ、インドやアフリカなど多くの地域で栽培されてきました。ケナフの特徴は成長速度が速く短期間で多くの繊維を収穫できることで、低価格であるだけでなく、機能性が高いという点で近年注目を集めています。植物バイオマスは代替原料として、自動車業界からの関心がますます高まっています。

軽量で強靭な材料

このケナフ繊維強化ポリウレタンコンポジットは、必要な実用強度を有した基材として世界で初めて1kg/㎡を切る画期的な材料です。この複合材を使用することにより従来のドアトリム材より30%以上の軽量化を実現しています。材料が軽ければ軽いほど、一回の充電、または給油での車の航続距離を伸ばすことができます。

共同開発はトヨタ紡織との強い連携のもと、2019年9月にリニューアルしたイノベーション・センターで行われました。「この度のトヨタ紡織との新規開発は、特に軽量でサステナブルな自動車のデザインに大きな貢献ができると思っています。コベストロが推進するサーキュラー・エコノミー、そして代替原料の活用を実現する好例を日本のイノベーション・センターから提供することができました」と住化コベストロウレタン ポリウレタン事業本部 自動車材料開発部長の井戸博章は述べました。