経済環境は不透明であるが、通年の業績予想は維持

コベストロ、コロナウイルスのパンデミックの影響により2020年第2四半期の業績が予想通り大幅に悪化

  • 主要製品販売量は22.7%減
  • グループの売上高は約22億ユーロ32.9%減
  • EBITDAは1億2千5百万ユーロ
  • 純利益はマイナス5千2百万ユーロ
  • フリー・オペレーティング・キャッシュフローは2千4百万ユーロに増加
  • 一貫した危機対応と流動性確保のための対策
  • サーキュラーエコノミーへの移行を加速

詳しくはこちらをご覧ください。