コベストログループの技術開発拠点

イノベーション・センター

兵庫県尼崎市にあるイノベーション・センター(ICJ)は、コベストロの日本における技術・開発拠点であり、数多くの革新的な製品やアプリケーションを提供しています。

ICJは、1971年に活動を開始し、住化コベストロウレタンのポリウレタン事業と塗料・接着剤・スペシャリティーズ事業の技術開発拠点として機能してきました。2009年にはバイエルマテリアルサイエンス(現コベストロジャパン)のポリカーボネート事業の技術開発拠点もICJに加わりました。以来、ドイツ、米国、中国の各R&D拠点およびアジアパシフィックの技術拠点と連携し、コベストロのグローバルR&Dネットワークの重要な一角を担っています。

2019年には、大幅なリニューアルが完成し、特に自動車・建築分野に向けて、さらに革新的なソリューションや製品開発を提供できる環境を整えました(詳細はこちら)。 日本のお客様やビジネスパートナーとの強固な信頼関係をベースに、サステナブルなソリューションの提供を目指します。