ユニフォームから靴まで、バイエルのソリューションが選手を支援

優れた装備で、最高のパフォーマンスを発揮

レバークーゼン、20145月-ファンはサッカーワールドカップ2014という檜舞台で、ひいきの選手が最大限に実力を発揮することを期待している。そこで重要な役割を果たすのは、選手が身につける装備一式。現代のユニフォームとシューズは、選手に快適さと高い機能性をもたらすものであり、バイエル マテリアルサイエンス社は革新的な素材でそれに貢献している。

選手にとってアンダーウェアは軽く、快適で、動きやすくなければならない。さらに、全天候に対応し、ブラジルの熱帯気候であっても過度の発汗を防ぐ通気性のよさが求められる。しかし今日、アンダーウェアへの要求はそれだけではない。プロやアマチュアを問わずスポーツ選手は、一様に身体の動きをサポートする機能的なウェアを求めている。

同様にサッカーシューズも軽量、快適でなければならない。特に靴底は過酷な摩耗にさらされる。ボールが直接当たるのはもちろん、他の選手に何度蹴られても耐えられるものでなければならない。また試合の行われるグラウンドは雨で濡れていたり泥でぬかるんでいたりすることも多い。選手たちがシューズに求める快適さと足回りの確かさにバイエル マテリアルサイエンス社の製品は貢献している。

第二の皮膚のように

多くの選手が着用している特殊なアンダーウェアには加圧機能があり、第二の皮膚のように感じられる。それがアディダス社製のTechfit™ Powerweb™(テックフィット パワーウェブ)である。シャツとショーツは身体にぴったりと合い、選手は着ていることをほとんど感じない。

その秘密はこのアンダーウェアに内蔵された伸縮素材のバンドで、これにはバイエルの素材Impranil®(インプラニール)を用いた特別なコーティングが施されている。このバンドが選手の姿勢を矯正し早期疲労を防ぐ。バンドが伸びた時にこの素材は一時的にエネルギーを蓄え、選手が動き続けると、そのエネルギーを選手に戻し強さとスタミナを向上させる。同時に、この伸縮作用は不必要な筋肉の振動を防ぎ、運動能力発揮を妨げないようにする。

Impranil®ポリウレタンディスパージョンは水溶性であるという特性があり、溶剤を含んでいない。この製品を使用して繊維をコーティングすると、従来の製造過程より明らかに廃物の量が減る。洗濯機や乾燥機を使用しても、コーティングの特性は維持されたままである。

このコーティングを施したバンドがいったん伸びた後、元の形に戻るときの伸縮力は特筆に値する。応力・歪試験の結果が、反発弾性の高さを証明している。

サッカー史上最も成功したスポーツシューズ

バイエル マテリアルサイエンス社は軽量で耐久性のあるスポーツシューズ用の素材とソリューションの開発に長年積極的に取り組んできた。伝説のシューズ、アディダス社の「コパムンディアル」がその一例だ。既にその製造は30年以上継続しており、今日までに1000万足以上売れている。サッカー史上最も成功したシューズである。フランツ・ベッケンバウアーやミシェル・プラティニ、そしてカール=ハインツ・ルンメニゲのようなサッカーの世界的なプレーヤーがこのシューズを愛用してきた。

しかし成功は偶然に訪れるものではない。世界中のプロとアマチュアの選手が柔軟性に優れた靴先や快適さでこのシューズを選んでいる。この特性をもたらしているのはバイエルが提供する耐久性の高い熱可塑性ポリウレタン(TPU)Desmopan (デスモパン)製の靴底である。このシューズのために特別にバイエルの研究者がこの素材を開発した。

優れたグリップ性能によって、このシューズは今日も競争に勝ち残っている。コパムンディアルの最適な制動力と圧力配分は特に関節や靭帯、筋肉に優しい。このような身体への利点をもたらすのがバイエル マテリアルサイエンス社の柔軟性と耐久性に富むTPU素材で作られた靴底である。

このサッカーシューズは最近劇的にカムバックした。アディダス社はワールドカップ2014のために新モデル「サンバ コパムンディアル」を世に送り出した。アディダスのカラフルなサンバコレクションとこの古典的なサッカーシューズのスタイルを一体化したシューズである。このシューズのワクワクするような色使いは、ブラジルと今年のワールドカップにぴったりである。